HOME > 病院概要 > 院内感染対策指針

院内感染対策指針

〈院内感染対策〉
院内感染対策の病院業務における重要性は近年特に強く認識されており、適切な院内感染対策は患者、医療従事者の安全、医療コストの軽減、地域における耐性菌の発生予防に役立たなくてはなりません。医療法人せいわ会みなかぜ病院(以下「当院」という。)においては、総合失調症等の精神病、ストレス関連疾患、認知症等・老年期の問題を担う病院としてさまざまな施設や病院並びに在宅から医療度の高い患者の受け入れを行っており、必要充分な院内感染対策を行うことが特に要求されております。このためには、関係法令の遵守、有効な組織作り、標準予防策と感染経路別予防策の遂行、サーベイランスの実施および職員の教育を的確に行うこと必要です。

当院における院内感染防止対策は、「院内感染対策委員会」を中心とする組織が指導を行い、「院内感染対策マニュアル」を基本に、現場の職員からのフィードバックを常に得ながら、実効のある体制作りを目指しております。